我々が以前のショップから女医の転職を決意した理由は、あまりにも忙しかったから、ということが大きかっただ。当時、長い時折月に100時刻くらいの残業を通してあり、女医の転職決意前は年末年始の休日もろくすっぽとれず、独りショップに出て、みじめさにわめきながら仕事をしていたのです。今思うと、自分ひとりで業務をかかえこんでしまった我々にも誤りはあるのですが、こんな我々を「閉め閉め、奴に総て押しつけて、こき使ってやれ」みたいな気持ちでいたであろうチーフにも、なにがしかの誤りはあったと思います。さて、女医の転職前文をさがすにおいて、我々が重視したのは、動く地区という、労働時間だ。当時は関東で働いていて、皆さんは田舎のほうが合っている、と感じていましたから、いなかという生地への女医の転職を要求しました。もうひとつの労働時間のクライアントは、死にたくなるほどの長年取引ではないところで働きたい、というやる気でした。それでも、こちらのクライアントは、条件としてむつかしいだ。我々はエンジニアでしたが、女医の転職先の会社でどれだけ長年取引があるのか、なんて、予めは知りくいのです。と効くうか、エンジニアなんて、いつのショップへ行ったって、たいてい長年働かされると思ったほうがいいですね。本当に、生地へ女医の転職することは成功しましたが、長年取引のクライアントは、特に、以前のショップよりはましだった、という程度で、記録を塗り付けるなら、ぎりぎり及第の60種目といったところでしたね。