わたしは、40歳で女医の転職取り組みをすることになりました。従来女医の転職取り組みをしたときは、37歳だったので、まだどうにかなったとしていたので、いよいよ「事務職の正社員はむりかもしれない」として始めた女医の転職取り組みでした。私の住むのはエリアだ。事務職は人気の柄、正社員となるとまた厳しいだろうと思っても仕方の弱い流れだったのです。ただし、以前の女医の転職とすれば、正社員の事務職というだけでアッという間に10人物とか20人物とか受けている流れだったのですが、今度はある程度要件を下げれば(年俸や週休二お天道様にこだわらない)多少内定が無くなるようになっていたのです。職安の人物に言わせれば、好景気によるとのことでした。そのおかげで、40になるのに5オフィスからの内定を頂くことができました。但し、完全に女医の転職できるわけでは勿論無く、点検しながら次の女医の転職末端を探していきました。40になるので、これが最後の女医の転職取り組みだと覚悟を決めていたからだ。更に再度閉めたくない、20ご時世は最悪勤めたい。企てる余裕、やっと雇用してもひと月とか二週とかで終わりたりした店舗もありました。だけど、こういう連休が終われば、また勤めることになります。今度の店舗はボクに合う店舗なのか。要件だけでなく、店舗の素地も自分に合う業者を探しあてる女医の転職取り組みの難しさを感じています。